PAK85_MBAdesagyou20140312500

Data Artとは?


本ブログのタイトルともなっている「Data Art」とは一旦何か?

そもそも私の職業は「マーケティング・リサーチャー」というものだ。
マーケティング上の課題に対して、適切なDataを取得し、あらゆる角度から分析してマーケティング課題の解を捻出するという仕事だ。
文章にすると格好よく聞こえてくるが(格好よく思っていない人もいると思うが・・)、実際の業務では作業のチェックやアンケートシステムの設定など多岐に渡り、分析者というよりもData Collectorという方が適切であり、マーケティング業を行っているという感覚が薄れてしまうときもあるのが実情だ。(その点に疑問を抱いたため、新規事業開発を行っているのだが、その内容は別途説明する機会をいただければと思う。)

そのマーケティングリサーチを勉強する中で、やはりビッグデータを無視できないと考え情報を収集していたのだが、下記の企業と書籍から非常に共感を得たことがある。

 

まず、ギックスではマーケターに求められるスキルとして下記をあげている。

  • マーケティングストラテジスト(PDCAのPを担当する戦略立案能力)
  • データサイエンティスト(適切なデータを収集し、そこから解を導く能力)
  • データアーティスト(初期仮説を立案する能力、分析結果を解釈する能力)
  • マーケティングテクノロジスト(最新のテクノロジーを使いこなす能力)

ギックスではデータを科学するものをデータ収集の役割とし、データをアートするものをデータを解釈する役割としている。
ビッグデータ時代にデータサイエンティストという職種が取り上げられることも多いが、データサイエンティストの役割を細分化したといえるだろう。
もともとマーケティング戦略が専攻の私にとってはギックスでいう「データアーティスト」というスキルは非常に魅力的である。

次に、データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」では下記のような内容が掲載されている。

高度に自動化されたツールと、少数の専門家によって管理される分析プロセスが普及することで、将来的には「データを収集、分析して一日を過ごす」という人の数は減少するはずだ。専門家たちはシステムを駆使して、より重要な発見を、より素早く把握してゆくことになるだろう。
一方で、以前として、得られた発見をアクションへと変えるという役割を誰かが負わなければならない。それこそが創造力や、直感的な意思決定が必要となる部分、魔法が起きる世界である。

ギックスでいう「データアーティスト」を本書では「魔法使い」と表現している。役割は同様でデータから次ぎの一手を導く人物である。
本書ではビッグデータ時代において、この「魔法使い」の存在が非常に重要と説いており、魔法使いこそがビッグデータに価値をもたらす人物としている。

 

私はビッグデータの位置づけは「Dataの取得方法」に過ぎないと思っている。

POSやアクセスログ、GPSなどいずれも行動データとなっており、インターネットリサーチのように回答者の記憶をたよりにDataを収集するわけではないので、信頼性の高いDataといえるだろう。

その点でビッグデータの価値はあると思うが、それ以上でもそれ以下でもないと考えている。

つまり、Dataの取得方法だけが先走っていて、その膨大に取得しているDataの解釈方法については言及が甘いと感じている。

今回取り上げた企業と書籍では私同様に、今後のビッグデータ時代においてはData収集の先にある「解釈」にこそ価値があることを示唆している。

HOMEでも紹介しているが、私は「リサーチ/データ」×「外食産業」×「地域活性」の統合を目指している。

今後マーケティング・リサーチャーとして得たデータ活用スキルを活かし、「Data」を「Art」して価値あるものに変換することで異質の統合を実現できないかと考えている。

Dataというリソースをビジネスにおける価値あるものに変換することが私の「Data Art」の定義だ。そして、私自身の最大の強みとしていきたいし、一番気持ちがワクワクする部分である。

そのため、本ブログでは上述した「Data Art」の視点から各テーマのインプットを行っていこうと思う。

私自身、魔法使いになれる日もそう遠くはない(はず)。